MTMTKZM.com

Doodle

  • Event Planning
  • Direction
  • Design
  • HTML5
http://doodle.mtmtkzm.com/

Doodleは遊び心を大切にし取り入れたWeb制作を行う卓です。Googleがアプリケーションに取り入れている遊び心や企画、イベントをお手本に、自らのWeb制作に遊び心を取り入れることを建前としました。しかし本音は、UXデザインという小難しい(=闇深くなってしまった)考え方をよりわかりやすく「遊び心」と言い換えて後輩に理解、経験してもらうことを目的としていました。なぜこうも初心者お断り的な足を踏み入れにくい領域になってしまったのか...と個人的には思っています。実際はなってないかもしれないけど。

http://doodle.mtmtkzm.com/

Web卓をひらいたキッカケ

シンプルに言えば、卓展は僕がWebを学び始めたキッカケだからです。

当時1年生だった僕に手取り足取り教えてくれたのが当時のWeb卓の卓長でした。その恩返しは、「自分の後輩へする」と「教えてもらったことは、じぶんもぜんぶ後輩に教えてから卒業しよう」と決めていました。そういう心境から、DoodleというWeb卓をひらきました。

Doodleのブランディング

まずは、各所でキービジュアルとなるロゴを制作しました。個人的に当時、Angularに興味があったのでそのロゴである盾のモチーフををパクりました。

ステッカーを作りました。

Webサイトも作りました。

これらをもとにDoodleを広報し、興味のある1~3年生を募ります。また、そのために卓長がプレゼンする場も設けられています。

卓展当日の展示に向けて

集まったのは全員で9人。9人で3ヶ月間、卓展当日へ向けて頑張ります。

作品(Webサイト)を作るだけでなく、それをどう展示するか、ここにも遊び心を取り入れることができます。それをみなで考え、形にしていきます。写真は、キャプションとなるDoodleのロゴと、自転車をDoodleカラーに塗っているところ。

Google社内では、Googleのロゴカラーに塗られた乗り捨て自由の自転車が開放されています。それをDoodleでも真似ました。

作品を制作する場面では、分かる人がわからない人に教えてあげるなど、温かい雰囲気に終始包まれました。

そのおかげか、みなWeb制作初挑戦ながらも最後までやり遂げることができ、1年生だった僕が当時の4年生に対して思っていたことと同じことを、後輩が僕に対して思ってくれたようです。

これにて「恩返し」を果たせたかもしれません。

ロゴの写真ばかりですみません。2017年3月で卒業し、世代交代。後輩に期待しています。